JR総武本線
千葉駅
都賀駅
四街道駅
物井駅
JR外房線
鎌取駅
誉田駅
土気駅
JR成田線
木下駅
JR東金線
東金駅
京成本線
志津駅
千葉都市モノレール2号線
みつわ台駅
桜木駅
千城台駅

【不動産売却の基礎知識NO,2】査定価格の意味をご存知でしょうか?

こんにちは!
株式会社コヤスの浅沼です。

突然ですが、不動産のご売却には多くの失敗事例が潜んでいることをご存じですか?
本日は、皆様に不動産のご売却で失敗をしないための有益な情報をお届けしようと思います。

 

今回のテーマは「不動産価格の考え方」についてです。

 

不動産売却に重要な価格で査定価格というものがあります。

 

難しく感じますが、直感的には

=================================

おおむね3ヶ月あれば売却できる価格

=================================

と思っておくとよいのではないでしょうか。

 

もう少し、詳しくお話しするために、質問をさせていただきます。

 

ひとつの不動産には、5つの価格があることをご存じでしょうか?

 

不動産は、一物四価とも一物五価とも言われます。

耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

どういう意味かというと・・・

==========================

ひとつの物件には、4つあるいは5つの価格がある

==========================

 

「5つの価格ってどういうこと?」と思われたかもしれません。

ここでは、不動産売却で重要な査定価格に関係する「実勢価格」のお話しをします!

 

まずはその前に、5つの価格にはどんなものがあるのかご紹介します。

 

・土地取引の指標「基準地価格」
・同じく土地取引の指標「公示地価」
・相続・贈与の課税標準「路線価」
・固定資産税に関わる「固定資産税評価額」
・実際に取引が行われた価格「実勢価格」

 

これらが、五価といわれるものです。

そして、ここから基準地価を抜いたものが四価と言われます。

 

この中で、不動産を査定するときに使用するのが実勢価格です。

不動産を売却するときに、事前の査定をしてもらうことがよくあります。

 

その査定をしたときの価格が査定価格で、実勢価格に即して割り出しています。

実勢価格は過去に取引したときの価格です。

 

しかし!不動産の売却は他の不動産との相対的な取引にもなります。

実勢価格を基準として、基準と査定する物件の差異を織り込んだり
地域的な流通の動向を反映したりして査定価格が決まります。

査定価格が適切かどうか見極めるために、不動産会社に価格を付けた理由を聞いてみましょう。

今日お話しした内容が役に立ちます。

 

すべてを細かく理解しなくても、

=============================

おおむね3ヶ月あれば売却できる価格

=============================

ということだけでも覚えておきましょう!

きっと、不動産価格を決定する一助となるはずです。

また、次回も不動産売却に関する情報をこちらのお役立ち情報ブログにてお届けいたします。
楽しみにお待ちください!

 

浅沼